LOG IN

数寄屋について

by 川上 幸生

数寄屋について。

数寄屋(すきや)とは日本の建築様式の一つであり、数寄屋造り(すきやづくり)とも呼ばれる。

もともとは茶室の室礼に代表される様式だが、現代では数寄屋風を取り入れた住宅の様式とされている。

語源となった「数寄(数奇)」とは本業とは別に和歌や茶の湯、生け花などの風流を好む芸道に執心な

数寄者(すきしゃ)が好みに任せて作った家といった意味であり、その真骨頂が茶室であった。

その歴史は、「すきもの」と呼ばれる和歌を作ることに執心な人物を古くは指しており、室町時代に連歌が流行し、「好き」の当て字として「数寄」が使われ、「数寄」が連歌を指すようになったとされる。桃山時代に入り裕福な町衆の間で茶の湯が流行し「数寄」も連歌から茶の湯へと意味を変え、江戸時代には、数寄のための家「数寄屋」は茶室の別称として定着した。

数寄屋造りの特徴は、格式にとらわれず多彩な建材を選びデザインも自由に遊び心のあるものである。

建材では特に竹や杉がよく用いられ、杉や皮付きの丸太を使った丸太普請(まるたふしん)は一見素朴だが

高度の技術が必要とされる。

柱は、面皮柱(めんかわはしら)と呼ばれる丸みを残したものを使い、長押は省略されることが多く、

床の間も書院造と比べ小規模に薄く、細く、質素な仕上がりが多く、意匠に意欲的な意匠が多い。

庇は長めに造られ、内部空間に深い陰翳と静謐をもたらしている。

襖や障子のデザインにも工夫を凝らし、雪見障子や猫間障子、組子障子など職人の技術の粋を見ることができる。

壁の仕上げも漆喰壁ではなく、聚楽壁に代表される土壁仕上げでが用いられ、変木や丸太に合わすための左官技法も多彩に高度な技術が用いられる。

つまり全てにおいて高い技術力と高いデザインセンスが求められるまさに日本のわびさびを具現化した

建築様式だと思います。

OTHER SNAPS