LOG IN

残したいもの

by 川上 幸生

昨日は徳島市の築100年ほどの古民家を見てきました。

千葉県で材木商をされていた方が建てられたとのことで黒檀の床框や違い棚の彫り細工など質素ながら素晴らしい造りです。2階の階高も高くて高台に建っているので見晴らしもいいです。

お父様の一周忌が澄んで、これからどうしていくのがいいかとご相談をいただき、徳島の古民家再生協会お伺いしました。今後どう活用していくのかご提案していきます。

建物も素晴らしいのですが、私が一番残したいのは入り口に残っていたこの落書きです。住まいはただの空間ではなく、思い出が残っているかけがいのない場所なのです。

OTHER SNAPS