LOG IN

手描きパースを身につけるためのテキスト

by 川上 幸生

新築住宅の相見積もりでハウスメーカーが作成した3Dパースの完成度に衝撃を受け、同じ土俵では戦えないとあえて正反対の手描きのパースを独学で描き始めて20年。松山の職業能力開発促進センター(ポリテクセンター)さんや専門学校や不動産業者、インテリアショップ、工務店などの企業さんでの手描きパース講習の内容を整理して60ページのテキストにまとめました。営業パースとして早く描くという視点で作成に時間がかかる二消点や三消点ではなく初心者に取り組みやすい一消点図法やアイソメ図キャビネット図の描き方の実践的な描き方を解説しています。早描きできるグリッド図法も解説してます。

著者川上 幸生

A4サイズ全ページカラー 60ページ

本の厚み4mm

主な収録内容 一消点図法での室内内観(和室・洋室)、アイソメ図(建物外観・室内)

アクソメ図(室内内観)、キャビネット図(システムキッチン、洗面化粧台)、

グリッド用紙を使った二消点図法 (室内内観)

8個の課題に沿って学んでいきます。課題は冊子をコピーしても良いですし、

冊子裏面のQRコードでPDFのダウンロードもできます。

PayPayフリマにも出品中!下記のリンクをクリックしてください。それぞれのリンク1冊ずつの出品ですので、売れていたらすいません。

OTHER SNAPS