LOG IN

古民家の融資について

by 川上 幸生

今日は古民家を購入して改修する場合の融資、フラット35の融資基準について。

全国古民家再生協会事業者会員はフラット35の融資手続きに関して伝統構法で承認された改修方法を使うことができ、伝統構法を在来工法に改修せずともお客様は融資を受けることができる。注意点は、フラット35は既存住宅の購入時に使用できますが、すでに所有済みの物件のリフォームは対象外となります。

伝統構法に於けるフラット35融資基準(住宅金融支援機構承諾内容)

以下の条件を確認することで石場建て基礎のままでの融資が可能となる。(これ他社ではできません)

1、軒の出900mmかつ雨樋設置かつ雨落ちか犬走りに雨はね防止の砂利敷きや芝生がある。

2、床下換気面積計算の実施

3、床下の地盤が周囲より高くなっているか確認(床高さ制限なし)

4、床下木材の種類を全国古民家再生協会の事業者会員である古民家鑑定士か古材鑑定士が確認など、

そのほかにも浴室の防水(ユニットバスへ改修するのであまり問題ではない)などもあるが、耐震以外はさほどハードルは高くない。

耐震については新耐震基準同等への引き上げが必要で、全国古民家再生協会が進めている時刻歴応答解析法は都道府県ごとに取り扱いが異なっており、事前にフラット35の申請先(確認検査機関等)への問い合わせが必要。耐震適合証明書の発行は必要になります。

愛媛なら普通の住宅ローンでの借り入れも可能ですのでお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

OTHER SNAPS