LOG IN

ニュートンの運動3法則

by 川上 幸生

ガリレオ ・ガリレオから近代物理学が始まったそうで、物体の動きを知りたいと考え、物が落ちたり転がったりするとき 、転がっているものが止まるとき 、どういう法則があるのかを追求していった 。

そうしてまとめられたのが、

静止しているものはそのまま静止し 、動いているものはそのまま同じ速度で運動を続けるという慣性の法則 

物体に力を加えると 、力の方向に加速度が生じ 、その加速度は加えられた力に比例し物体の質量に反比例するという 運動の法則

物体に力を加えると、力を加えた側も同じだけの力を物体から受けるという作用 ・反作用の法則

ニュートンの運動3法則と呼ばれるもの。

この ニュートンの運動3法則を使うことで 、当時知られていた物の動きの多くを説明することができるようになった 。動きが説明できるようになるということは 、物の動きを予言できるようになるということ。

このくらいの力を加えたら 、こう動くだろうと 、

こうやったら 、こうなったという理由を説明できれば 、次にこうしたら 、こうなると推測できるようになる。それを活かしているのが建築の「力学 」だと思います。

OTHER SNAPS