LOG IN

古民家再生のアプローチ

by 川上 幸生

古民家を再生する場合には初めに建物の状態を調査してから再生の計画を立てていきますが、特に下記のことに気をつけて計画しています。

耐震について

精密診断により新耐震基準と同じかそれ以上の耐震性を確保し伝統構法の免震的特性を活かすように制震ダンパーなどを使い改修。これにより耐震性が証明されているのでリフォームかし保険付保可能で、さらに金利の高いリフォームローンではなく金利の安い住宅ローンでの融資を受けることもできます。

断熱性能・省エネ性能の向上

夏涼しい古民家の特性を残し、さらに冬暖かい住まいへと断熱性能を引き上げてヒートショックを起こさない家にします。また、暗いを光が差し込む明るい健康的な部屋に生まれ変わらせます。

段差を整理してバリアフリーで子どもも高齢者にも安全な家で長く住み続けることが出来ます。

最新の設備で快適に

清潔で使いやすい最新の水回り、ランニングコストを考えた省エネ設備をどこのメーカーでもリーズナブルにお渡しできる大手一次卸との直取引で提供しています。また見過ごされがちな収納に関しても、ライフスタイルの変化に対応できる使い勝手のいい収納スペースを計画しています。

詳しくはこちらのページをご覧ください。

古民家再生について

OTHER SNAPS