LOG IN

床の間

by 川上 幸生

床の間ついて。

床の間の歴史は、元来「床(とこ)」は平らで台状になった場所で寝床を意味した。

平安時代の寝殿造りにおいて、身分や格式の上下を畳の有無や大きさ、縁の種類などで表した。

室町時代に入り、室内に畳を敷き詰めることが普及し、書院造りでは「床」は座敷の中で貴人の座るべき一段床の高い場所、上段を指し、上段には座敷飾りのために掛物を掛け、花瓶、香炉、燭台の「三具足(みつぐそく・さんぐそく)」を飾る場所を「押板(おしいた)」と呼んだ。

室町時代末期、押板と上段が折衷された「床」の形式が現れ、桃山時代に「押板」に代わり「床」という言葉へ変化し併用して用いられた。

江戸時代に茶の湯が庶民にも普及するにつれ、茶室における「床」が書院造りの「押板」にも影響を及ぼし、やがて「押板」の名称が使われなくなり、「床」へと移行した。

大洲新谷のOZ. houseにある茶室の床の間

「真」「行」「草」

床の間は、書における楷書・行書・草書と同じく「真(しん)」、「行(ぎょう)」、「草(そう)」と分類する。

正式で格式の高い形が「真」で、もっともくずされた形式が「草」となるが、その基準は極めて曖昧で主観的なものである。床構えの形で考えれば、床の間・床脇・書院が揃っているもの「真」、

床脇・書院のいずれかを省略したものが「行」、

床の間だけのものが「草」とする考え方もある。

古民家を訪れた時には床の間を観ることで建物全体の様式もわかるし、身分も推し量ることができ面白い。

古民家についての雑学を書いてます。下記リンクからAmazonへ飛びます。

OTHER SNAPS