LOG IN

土地と建物の安全性調査

by 川上 幸生

今週水曜日に愛媛県主催の被災宅地危険度判定士の講習を受講して資格をいただきました。

これは大規模な災害が発生した際に住宅が建っている宅地が安全かどうかを判断するもので、県下の災害や県外でも派遣要請があればボランティアで参加して調査をおこないます。敷地内の地割れや、擁壁の様子や、のり面(斜めの土地)を目視で調査して宅地への影響を危険か要注意か調査済(安全)で判定します。

今年の2月には建築士会主催の応急危険度判定の講習も受講しました。こちらは建物の方の安全性を調査します。

大規模災害が発生した際に被災者から申請に基づき行政からの要請に基づいて調査に行き、被災した住宅の傾斜、屋根や外壁、基礎の損傷状況などにより被害の程度(全壊、半壊など)を認定するために実施する。

こちらの認定結果に基づいて被災者に「罹災証明書」が交付さ、罹災証明書は、被災者生活再建支援金や義援金の給付、住宅金融支援機構や災害援護資金の融資、税金や保険料の減免・猶予、応急仮設住宅の入居条件などに活用されます。

これで、建物と土地両方を見ることができるようになりました。

取得のきっかけは愛媛でも大規模な災害発生のリスクは高まっていますし、万が一災害が発生した際には建築士として地域に同貢献できるかと考えた結果ですが、被害状態を見れるということは、被害が発生しそうだということも予見できることにもなります。実勢には発生してみないとわからないのですが、

こういう建物は弱い、壊れやすい

こういう土地には家を建てない方がいい ということがわかるのです。

それを活かして災害に備えて災害に強い、災害にあいにくい建物を建てる予防が私は大事だと思います。

私の自宅は砂地の上に建ってますので周囲に比べて地震発生時にはよく揺れるはずです。揺れが周りよりも大きくなると知っていれば対策もできますし、心づもりもできるのではないかと思います。

家を建てるご予定のある方はまず土地の概要調査をお勧めします。家は高価な買い物ですから失敗して欲しくはありませんので、土地の調査は今年中は無料でさせていただいています(来年からはご飯を食べるためにも有料にさせていただきます)

家のご計画のある方は一度お問い合わせください。

OTHER SNAPS