LOG IN

軽減税率ガイド

by 川上 幸生

国税庁から郵便が届きました。何も悪いことはしてないが一瞬ドキッとしますよね。

中身は消費税の軽減税率制度に対応した経理・申告ガイドというパンフレットでした。10月からの消費税アップに対応した帳簿のつけ方を紹介しています。

10%の増税後も飲食料品や新聞購読料などは8%の税額のままなのでそれの取り扱い方ということですね。

仕入れで例えば会議をして、会議室料は10%だが、飲み物は8%などになるので帳簿を税率ごとに分けて記帳しなさいって…

売上では8%と10%を分けて請求書には記載(これはうちには関係ないですね)

決算では、旧税率(今の8%)がいくら、軽減税率(10月からの8%)がいくら、10%がいくらで売上も分けないといけないようですね。そして申告書作成と…

私の頭はここまで…フリーズです。後は税理士さんに頼ることにしました。

軽減税率を導入したのは確か低所得者の保護と言ってましたが、新聞が家に届く紙の新聞は8%で電子版は10%であれ?って思いました。地球環境のことを考えたら紙でない方がエコな気がしますし、お金に困ったら私なら新聞を取るのをはじめに辞める気がします。

食料品も持ち帰りは8%でそこで食べたら10%ってのがわかりにくい。確か国税庁からの事例ででていましたが、回転寿司で食べ残した持ち帰りは10%で、最初から持ち帰りで注文したものは8%だそうです。

食べることは大切なんですから8%だ10%だと言わずに全て8%のままではいけなかったんでしょうか?それとも全て10%にして低所得の方に対しては支援金などを出すなどの対策をするか。

高級レストランも牛丼屋さんも10%、低所得の方とお金持ちではいくお店が違うだろうし、お料理の金額も違うからわざわざ分ける必要もどうかと。消費税の増税は仕方ないことですし、海外はもっと高い国も多いので反対しませんが(渋々我慢)何か今回の軽減税率については胡散臭さを感じてしまいます。

解体工事がいよいよ今週一杯では片付きそうです。昨日次の擁壁工事の近隣挨拶にお伺いしてきました。

OTHER SNAPS