LOG IN

エアコンを選ぶなら

by 川上 幸生

だいぶ朝夕涼しくなってきましたね、エアコンもつける頻度も少なくなってきました。

新築やリフォームなどでエアコンを提案する場合、リビングは200Vのエアコンにしましょうと提案することが多く、エアコン用のコンセントも200Vで取り付けます(100Vと200Vはコンセントの形状も違います)

エアコンの100Vと200Vでは、何が違うのでしょうか。100Vとか200VのV=ボルトは、電気を押し出す力(電圧)のことで、100Vよりも200Vの方がパワフルな出力が可能で、広い空間の冷房や暖房に適しています。同じ機能を使用したとしても、

100Vより200Vの方が短い時間で設定した温度にすることができます。

そして、使用方法や環境によって消費電力は変動するため、どちらが安くなるかは断定はできませんが、消費電力が同じ製品の場合は、

基本的に100Vも200Vも電気代は変わりません

例えば三菱のエアコンをカタログで見て調べてみると、100Vの期間消費電力量は746kWh、200Vの期間消費電力量も746kWh。同じ消費電力=電気代は同じなんです。つまり200Vのエアコンなら冷やしたい、温めたい温度まで100Vの半分の時間でできて電気代は同じということなのです。

ただし、何でもかんでも200Vがいいわけでは無くて、200Vのエアコンは主に14畳タイプなどの大きな部屋用が中心で6畳用などは残念ながらありません。またエアコン本体の価格は200Vの方が高いので、大きな部屋は200V、8畳までの部屋なら100Vでご提案しています。

そしてシーズンを外した今はエアコンの買い時かも?しれませんね。

10万円ぐらいで今年のモデルも購入可能です(取り付け別途)。また機種にこだわりなければもっと安いものもご提供できます。

パナソニック

ダイキン

三菱

そして冷房と暖房なら暖房の方が電気代は高くつきます。エアコンを選ぶなら暖房時の能力を考えて選ぶことをお勧めするとともに、断熱性のなど建物の性能についても検討する事をお勧めします。

古民家などの古い建物の現在の断熱性能と、設計性能を比較するご提案などもおこなっておりますのでご興味のある方はこちらからお問い合わせください。

OTHER SNAPS