LOG IN

茶室設計にオススメの本

by 川上 幸生

今日から9月に入りました。一年なんてあっという間に過ぎていく気がします。

今日は今年に入って読んだ建築関連の中ので茶室設計にオススメの書籍のご紹介を…

露地のきまり―植熊の茶庭づくりとその手入れ

裏千家今日庵出入方、庭師。茶庭・造園設計施工「植熊」五代目で裏千家を中心に茶家、また邸宅や海外の大学の庭園なども手がけている小河正行氏の著書。一期一会の主客の場を創り出す茶事にとって庭は大切。茶事の際、待合から蹲踞まで歩を進め、自然と厳かな気分になる露地が一年を通して自然な姿を維持するためには手をかけることが必要。小河氏自身の茶庭師の技と管理法が写真とともに紹介されており茶庭、露地の演出と日常の手入れのためのすごくわかりやすい一冊です。

こちらのリンクからAmazonのページへ飛びますのでご覧ください。

露地のきまり―植熊の茶庭づくりとその手入れ

世界で一番やさしい茶室設計

エクスナレッジの本はどれも勉強になりますが、お茶の知識から茶室の設計まで大まかに理解するには図も豊富でわかりやすいです。

世界で一番やさしい茶室設計

最新版 納まり詳細図集 和風住宅・茶室編

こちらもエクスナレッジの本ですが、プロ用の設計のネタ帖になります。西大路 雅司氏、佐藤 洋司氏、照井 春郎氏、才門 俊文氏らが執筆されており和室と茶室で使えるディティールとそのCADデータもついていますのでCADデータを修正して使えばそのまま実務でも使えます。

最新版 納まり詳細図集 和風住宅・茶室編

OTHER SNAPS