LOG IN

日本庭園

by 川上 幸生

日本最古の庭は蘇我馬子石組や池を配した物を作ったのが初めとされています。

平安時代に作庭記と言われる書物が編集され、自然をいかに上手く写して庭をつくるかが大切と書かれているそうです。庭造りの歴史は、平安時代には寝殿造りの建物様式に合わせて川や池と山を築いた優美なもので、室町時代に入ると枯山水が生まれました。江戸時代に入り茶室を囲む露地や回遊式庭園などが造られるようになりました。

古民家においても庭との調和は大切で、築かれた当時のままの形を維持している庭もあれば、

残念ながら壊されてしまっている物も多いですが、もし古民家を再生するのなら、庭も再生してもらい、

外の空間と内部の空間を柔らかく繋ぐ日本の古民家の本来の姿を取り戻してもらいたいと思います。

庭に使われる言葉には例えば築山(つきやま)、人工的に造られた小山の事で古くは仮山(かりやま)ともいわれ、池なども含めて庭園の総称として使われたりもします。築山は滝や石などでつくられ出入りが出来ないものと、それ自体に立ち入れて楽しめるもがあり、築山を築かない平坦な庭を平庭(ひらにわ)と呼んで区別したりします。

枯山水とは石や砂利と植木のみで水を使わずに自然を再現した庭の事を言います。

石が主役の庭で植木は逆に脇役として配されます。砂紋(さもん)と呼ばれる砂利に、くし目で模様を付けて水の流れを再現し、割り石などで荒々しい水の動きを表現したりしています。

その他雑木の庭として、四季折々の美しさを見せる自然に近い庭や、

自然の山々などの敷地の外の風景も庭に取り込んだ借景、各地の名所の景色を縮小する縮景など様々なものがあります。

OTHER SNAPS