LOG IN

活断層

by 川上 幸生

松山周辺の活断層といえば砥部から広田に抜ける砥部衝上断層が有名ですが、産業技術総合研究所が編集し公開されている起震断層・活動セグメントの活断層のを確認すると四国はこのような感じで活断層が走っています。

国土地理院の地図によると松山周辺はこんな感じです。

伊予市の南の山沿いにあります。活断層があるから直ぐに地震が起こる訳でもありませんし、ちょうどこの線に沿うように高速道路も走ってますから危険性は低いのかもしれませんし、むやみに不安がることは無いのですが、でも活断層はどこにあるかぐらいの知識は家を建てる時だけでなく日常生活においても知っておいて損はないと思います。

周辺も含めてその地域の地震時の揺れ方、活断層の位置、液状化の可能性、地震だけでなく最近多い豪雨災害などで河川の氾濫による浸水の可能性、内水による浸水しやすい場所か、がけ崩れの危険性などについて、としてこれから家を建てる方に対して、古民家再生でも建築当時と今では周辺環境が変化しているので最新の情報をお伝えするために「土地概要調査」というサービスを開始しました。

調査項目は

「周辺概要」

空中写真

「地震に関しての情報」

活断層マップ

液状化ハザードマップ

地震ハザードカルテ

周辺地耐力

「豪雨による浸水のしやすさ」

治水地形マップ

内水ハザードマップ

土砂災害ハザードマップ

あくまで参考資料として土地を実際にみて、公開されているデータから報告書をまとめておりますので建築時などには別途地盤調査は必要となります。また場所により調査項目が公開されていない場所もございますのでご了承ください。地盤、土地の専門家ではありませんでの建築士としての経験と知識を元に報告させていただきますのでご了承ください。

詳しくはこちらをご覧いただきますようにお願いします。

土地概要調査

OTHER SNAPS