LOG IN

古民家の茅葺き

by 川上 幸生

9月に宮崎で開催予定の古民家の茅葺の検定の座学テキストを作成しています。

資料は以前静岡市の文化財、中勘助の杓子庵の茅葺のこけら落とし公演をした時の資料があるので、それをベースに茅葺の屋根とは、葺替えの手順などをまとめていっています。

茅葺き、これは面白い、テキストを作りながらハマりました。奥が深いのですがまさに循環型の建築資材。

茅場は何度でも連作ができます。茅の葺き替えは新しいものと古いものを合わせて使います。使い終わった茅は最終肥料となります。捨てるとことが全くありません。

この検定で茅葺きする人が増えて、地域の茅葺民家が息を吹き返して、地域の活性化につながればと思います。検定の内容については詳細が決まればまたご報告しますね。

こちらは三澤さんに教えていただいた山辺豊彦さんの木構造の本です。わかりやすく詳しく木の構造、耐震の考え方が書かれており勉強になります。木造住宅をされている設計士の方には是非読んでいただきたい本ですね。

下記のリンクよりAmazonで購入できます。

OTHER SNAPS