LOG IN

お庭

by 川上 幸生

土曜日は新築予定の茶室のお庭の打ち合わせでした。先生にご紹介いただきプランをお願いしたのは北久米にある仙波農園さん。茶室の間取り案をお見せしてプランを描いてきていただきました。

茶室自体がまだ固まっていないのでまだ案ですが、1時間ほどみっちりとお庭について教えていただきました。これは勉強になります。

建築は直線、水平、垂直の組み合わせだとすれば、お庭は止めと抜け、目隠しする部分と遠くまで見透かせる部分との組み合わせで日本の風景を箱庭のように凝縮しているような気がします。面白いですよね。

写真はこの前行った臥龍山荘です。
こちらは南楽園

植木、草木、石、苔…庭屋さんは自然にあるものを組み合わせて、季節によって変化するのもコントロールしているアーティストだと思います。庭匠ですね。

石、竹垣、砂利、灯篭…まだまだ勉強しなければ、本当にいい経験させていただいています。

早速、古い灯篭を探し始めました!

OTHER SNAPS