LOG IN

土台ってなに使う

by 川上 幸生

土台というのはそのままの意味、物事の基礎、根本という大事なところですが、住まいの土台に皆さんはどんな木を使いたいですか。

多くの方は注入材と呼ばれる防腐剤を加圧注入した緑色の木材を使われるのだろうと思います。防腐処理しているから腐りませんよ、シロアリは来ませんよって説明を受けて…

本当でしょうか、土台の注入材でよく使われるのは米栂(ベイツガ)と呼ばれる木材です。理由は安いから。でも米栂って実はすごく腐りやすくてシロアリに弱い木材なのです。本来土台・柱には向かないのですが、米栂の土台を標準仕様にしている会社は多く、材木屋さんなどもこれを盛んに進めてきたりします。しかし腐りにくい木を更に長持ちさせるために防腐処理しているのでは無くて、腐りやすいから防腐処理しないと使えないというのが本当の話です。

表面に薬剤が染み込み易いように傷がわざとつけられています。

それでもどんなに頑張っても表面から1cmも薬剤は染み込んでいないんですが…

この前驚いたのはあるよそ様の新築住宅で集成材が土台に使われているのを見て驚きました。調べてみると木材を積層したベニヤ板みたいなLVLというものも最近では使われているようです。米栂や集成材長持ちしないと心配になるのは私だけでしょうか。地面に近いほど湿気易いことは誰でも知ってます。湿気は地面から上がってきますものね。今時の家は柱や土台が外から見えない大壁という壁構造で仕上げるでしょうから地面からの湿気や、壁の中の外部と室内の温度差で起こる結露や、万が一雨漏りした時の水は全て土台に落ちてきます。

集成材を使った土台

私が使うのはヒノキです。ヒノキはご存知の通り浴槽にも使われる水に強い(腐りにくい)木ですし、少なくとも米栂よりは食べられにくい木材です。

理想で言えばヒバなどがいいのですが私が住んでいるのは四国の愛媛、青森から運んでくると割高になります。栗もいいと思うのですが水に濡れるとアクが出て基礎を汚すのと、暴れ易い木なのでヒノキを私は選択しています。

我が家のヒノキの土台です。加圧注入はせずにホゾ穴だけ念の為現場で防腐剤を塗っています。ヒノキは防腐処理せずとも使用できる木材として日本農林規格(JAS)でも指定されています。床を作るための大引きと呼ばれる部材は防腐処理した杉を使ってみました。

杉も赤み(年輪の中心部分の赤黒い層)なら防腐処理はいらないぐらい水に強いです。

参考に日本建築学会が発行している「建築材料用教材」には、樹種による防蟻性の違いが出ています。

防蟻性 主な樹種名(芯材)
ヒバ・コウヤマキ・イヌマキ・イスノキ・タブノキ・カヤ・ベニヒ・タイワンスギ・ローズウッド・シタン・チーク
ヒノキ・スギ・ツガ・ベイヒ・クリ・クスノキ・カツラ・ケヤキ・トチノキ・アカガシレッドメランチ・ブラックウォールナット・シルバーピーチ
熱帯産材を除く全ての辺材・モミ・エゾマツ・トドマツ・カラマツ・アカマツクロマツ・ラジアータマツ・ベイツガ・ベイスギ・ベイマツ・セン・ブナ

家は非常に高価な買い物です。みんながよく使っているから、標準仕様だと言われたからと安心せずに見ない部分、あまり説明されることが無い木材の知識をつけて大切な家が長持ちするようにしないといけないと思います。

OTHER SNAPS