LOG IN

古民家鑑定調査票リニューアル

by 川上 幸生

古民家鑑定、床下インスペクション、伝統耐震診断の報告書をまとめるために古民家鑑定

調査票をこの度リニューアルさせていただきました。

Ver.7.06からVer8.0への変更点

調査内容の記入の方法が変わりました。新しい帳票は赤文字で書かれている部分は書き換え

(住所や依頼者名などの個別の情報)調査部位の報告はプルダウンよりの選択となります

(セルにカーソルを合わせるとセルの右側に矢印が出てきますのでクリックしてどれかひ

とつを選択 規定値は該当無しと表示されています。選択箇所が物件に存在しない場合は

そのまま該当無しを選択しておいてください)

旧調査票

新調査票

調査票は調査票1(基本情報記入)、調査票2(物件の調査内容を記入)、追加内部調査票

(部屋数が調査票2で不足する場合に使用)+写真シート3つ、図面貼り付けシートで構成

されています。

写真を別途送信の必要が無くなりました。調査票のシートに写真を貼り付けてください。

写真は外観12枚、内部30枚、劣化部分(特に痛んでいるところ)30枚程度貼り付けできます。

*写真をそのまま貼り付けるとファイルサイズが大きくなりますので写真は圧縮してください。

圧縮の方法は調査票に記載しています。

図面についてはメールにPDFの図面を添付か、調査票に貼り付けのどちらでも大丈夫です。

6月提出分は旧鑑定調査票でも新しい方でもどちらでも大丈夫ですが、7月からは新調査票での

ご提出をお願い致します。

一部バグがあるかもしれませんので発見された場合にはお知らせいただきますと助かります。

よろしくお願い致します。

OTHER SNAPS