LOG IN

新年度

by 川上 幸生

今日は4月1日、エイプリルフールであり多くの企業は新年度を迎えると思います。年度のはじめには目標を設定することが多いと思いますが、新築の受注。

おかげさまで多分大丈夫そうですが、新築は激戦の分野、金額ではなかなかローコスト住宅とは戦えないので何か差別化が必要です。設計の分野として差別化を測るためには自己ブランディングも大切。

自分はどうだろうを振り返ってみると。

・現場上がりなので施工に詳しい(設計士さんは意外と現場の納まりや段取りは知らない方も多い)

・古民家のことを長年やってきたので木構造や古民家の知恵などの知識が豊富でそれを新築にもいかせる

・材木屋に勤めていたので木材、無垢材などに詳しい。古材なども使える

・輸入資材を直接輸入していたので(カナダやオーストラリアにも現地に買い付けに行った)詳しい

営業経費がかからないので高品質を低価格でご提供できる

などでしょうか…

ご相談お気軽にお待ちしています。

Send a message to @ykawakami
OTHER SNAPS