LOG IN

茅葺屋根

by 川上 幸生

今日は瓦の以外の屋根仕上げ材について

1、草葺き

「茅(かや)」と呼ばれるチガヤ、スゲ、ススキ、などや、稲藁、麦藁を使用した草葺きの屋根は、

「茅葺き」や「藁葺き」屋根と呼ばれる。茅や藁などのイネ科の植物は内部が空洞となっており、空気を貯める事で保温性や断熱性に優れ湿気を防ぐ効果がある。また自然素材のため役目を終えたものは最終的に堆肥として利用出来た。

植物系屋根は大掛かりな道具が必要なく、地元の材料が使われるため環境にも優しい屋根材料である。

しかし、茅葺き屋根は現在防火の問題や「茅」を育てて収穫する「茅場(かやば)」の減少や

職人の減少で少なくなっている。

「茅葺き」は「茅」の根本を下に向けて葺く「真葺き(まふき)」という方法が取られるが、

これは根本を上に向けて葺く逆葺きより耐久性が高いが、棟近くで勾配が緩くなるため雨仕舞いの工夫が必要。

2、樹皮葺き

木の樹皮を使用した屋根仕上げには檜を使用した「檜皮葺き(ひわだふき)」と杉を使用した「杉皮葺き」がある。「檜皮葺き」は厚み2mm程の樹皮をヒノキの立ち木から剥ぎ取って竹の釘を使い屋根に葺くもので、主に社寺建築などに用いられる。

檜皮葺きは自由な曲線の屋根に仕上げる事ができるが、熟練の技術と、原料を採取する「原皮師(もとかわし)」と呼ばれる職人が減り現在はあまり見る事が無い。

杉皮葺きは杉の樹皮を用いるもので社寺建築が檜を使うのに対し民家などは杉皮を用いる事が多い。

3、板葺き

「板葺き(いたぶき)」は木の板で葺く屋根の事で「木端板(こばいた)」と呼ばれる板が用いられる。

材料は檜、杉、クリなどが使われるが耐久性が10年程度と低く定期的な葺き替えが必要。九州地方には竹を半分に割って使う竹葺きの屋根などもある。

薄い板を何枚も重ねて葺く方法を総称して「杮葺き(こけらぶき)」といい厚みにより板の厚みが3mm程度を「杮葺き」、4から6mm程度を「木賊葺き(とくさぶき)」、10mm程度の「栩葺(とちぶき)」と呼ぶ。「栩葺(とちぶき)」は「大和葺き(やまとぶき)」とも呼ばれる。

4、石置き屋根

厚めの大きな板を使ったものに「石置き板葺き屋根」がある。

これは板葺きの板を押さえる為に石を屋根の上に置くもので、地域により石の置き方などに特徴があるが、

長野などが有名である。

■古民家・伝統構法の新テキスト「古民家の調査と再築」

古民家鑑定士・伝統再築士・古材鑑定士・新民家プランナー の認定テキストが新しくなります。

2019年5月以降の資格講習試験は、新テキスト「古民家の調査と再築」を用いて開催されます。

古民家・伝統構法について更に特化した書籍となっております。

詳細・ご購入はこちら

http://chousasaichiku.kominka.net/

※2019年4月10日発売のため、発送は発売日以降となります。

Send a message to @ykawakami
OTHER SNAPS