LOG IN

古民家の調査と再築

by 川上 幸生

古民家鑑定士のテキストリニューアル、初稿が上がってきました。

なんやかんやで500ページは超えています。

これから校正と、3月12日から始まるインストラクター用のマニュアルを同時進行で作成していきますが、大きな問題が発生…

前回教本のデータをお渡ししていたんですが、どうも前回のデータが不備があるらしく、写真のリンクが切れているということで再度写真を探してデータを制作側に渡さないといけないらしい…

インデザインというイラストレータみたいなソフトで原稿データ作成してもらっていますが、便利なようで不便ですね。インデザインとか全くさわれないので画像を準備してお渡ししていきます。

写真全て保存してあるわけではないのでほとんどいちから探すか、撮り直ししないといけないようです。

写真はまだしもイラストが残しているか探すのが大仕事になりそうです。

タイプ的にお尻から片付けるタイプなので、まずは鑑定調査に持っていく持参物の写真探し、

長靴など全て私物なんですがそれも自前で撮影。

撮影したものをパソコンに取り込んでトリミングして白黒に変換してからのお渡しです。

デジカメはちょっとバージョンアップ、前回のコンデジ写真から一眼レフに変えてみます。

完成まで日がないので、頑張らないと…

文章以外の地味に時間のかかる作業が多いです。

OTHER SNAPS