LOG IN

制震ダンパー設置

by 川上 幸生

古民家再生工事、年内は明日まで工事ですが今日ユニットバスが据え付けられました。

新しいお風呂はやっぱり気持ちいいですね。

大工さんの方はリビングの屋根断熱工事と、床の断熱や捨て貼りを作業中

新しく壁を建てた所に制震ダンパーを設置するということで説明に行ってきました。

いつも使っているものとは別の新しいタイプを使っています。

伝統耐震診断を実施して、その結果に基づき時刻歴応答解析法によりダンパー設置箇所を決めています。このやり方で全国古民家再生協会なら石場建て基礎のままリフォーム瑕疵保険をかけることができます。

リフォーム瑕疵保険がかけられるから、銀行で住宅ローンも借り入れができます。

金物はできるだけ使いたくはないのですが、リフォームなのでどうしても使わなければいけない部分も出てきますが、今回も大きな土間を床を上げて、間仕切りで仕切り直すことで建物は強くなっています。

古民家には段差があるのが普通ですが(玄関を入り、奥の座敷に行くほど床を高くしていくものが多いです)可能な限りバリアフリーにはしたいので、既存部分との取り合い部分の納まりには特に気を使います。

OTHER SNAPS