LOG IN

逗子二階の断熱

by 川上 幸生

逗子二階の屋根断熱が終わりました。今回屋根瓦は交換しないので既存の垂木の間に断熱材を入れています。これが結構時間のかかる作業です。新築なら垂木と垂木の間は同じ寸法ですが、古民家のバ場合にはピッチも違うので1枚ずつ合わせていかなけらばなりません。

サッシもだいぶついてきたので、あと2つサッシをつけたら壁の工事に入ります。

1階もリビングの工事を進めています。基礎ができたので、基礎に墨を打ち、土台を敷いて床組を新しく作ります。台所とリビングで壁の位置はズレていきますので(既存のモジュールを活用しているため)芯墨(壁の中心線)も二本印がつけられてます。

棟梁も近くを見るには眼鏡を外した方が見やすいそうで…私と同じです(笑

大工さんの視線の先にはレーザーの線が壁に映っています(写真では見えませんが)レーザーで水平垂直を確認しながら作業をしていきます。

完成が楽しみですね。

OTHER SNAPS