LOG IN

お茶のお稽古

by 川上 幸生

昨日はお茶のお稽古に行きました。なかなか行けてないのですが、それでも楽し

11月はお茶の世界では茶壺の口切りをする年初めのような月だそうです。

腕前はさっぱり上がりませんが、先生のお話は勉強になります。

11月がなぜお茶の世界では新年のようなものか、

先生によると、柚子の香がする頃に炉を開きます。寒くなって来て、火がお客様に近づきます。

5月の新茶の時に茶壺に濃茶と薄茶の茶葉を詰めて、和紙で封をして、茶師の所から、お茶を嗜む茶頭や大名の所に茶壺道中で茶壺を運びます。それを11月初旬に封を切って、石臼で挽いて新茶を頂きます。ですから、お茶の世界では、この時期が一番風情のある時期だそうです。

日本の文化を学ぶことは大切なことだと思います。

OTHER SNAPS