LOG IN

大工育成事業

by 川上 幸生

若手大工技能者育成のため一般社団法人全国古民家再生協会では各地域の職業能力開発大学校(ポリテクカレッジ)さんと協力して平成の大工棟梁検定を16会場で実施していますが、

それとは別にもう一つ大工育成事業を現在実施中です。

H30年度地域に根ざした木造住宅施工技術体制整備事業として国土交通省さんより補助金をいただいている事業です。

9月からスタートしていますが、この事務局をしており現在中間報告書をまとめていますが、

まあ、向いてない…

もっとも苦手な集計などの事務作業です。国交省の補助事業の委託先である一般社団法人木を活かす建築推進協議会 池田さんに何度も電話しながら教えを請い集計表やインターネット上のシステムに情報の入力などをしていますが、一度の報告書を何度も書き直しながらで申し訳ない…

でもやっと中間報告まで来ましたら、2月5日の締め切りまで乗り切ろうと思ってます。

中間報告書の曲者、エクセルのチェックボックスという代物、容量が大きいと知らずに行を追加してコピーしてたら、エクセルの1つのファイルが30MBぐらいまで膨らんでウンともスンとも言わなくなりました(笑

事務作業は苦手ですが、若い大工さんが古民家の技術に触れ、大工技能の向上に興味を持って欲しいと思っています。

20日発売!ジャパトラ で連載中の森久美子さんの大工棟梁たちの軌跡が1冊の本にまとまり20日に発売されます。Amazonなどで予約注文できますのでぜひお読みいただけたらと思います。9名の匠たちの話が掲載されてます。以下から予約くださいませ。

OTHER SNAPS