LOG IN

外壁塗装の良し悪し

by 川上 幸生

10年ぐらい前に建てたお客様と外壁の塗装のお話しをしました。

塗装専門の会社の営業に人が来て、もう塗り替え時期にきているので外壁の塗装無料で見積もりしてくれたんですが、もう塗らないと駄目ですかね?

まだ建ててから10年ぐらいですから、これからそろそろ考える必要はありますが、まだすぐにしなければということはないかと…外壁を手のひらでこすってもらって手に白い粉がついたら劣化している現象(チョーキング)ですが、それも少ししか白い粉がつかないのであればまだ大丈夫だと思いますよ。

今日の会社の人が見積もりしてくれたんですが、金額が300万円だったんです。

お客様の家の大きさから考えると高いと思いますよ。

やっぱりそうですよね。ざっとどれぐらいですか?

塗装屋さんが仕事するために足場を組む必要があるので、足場代も含めて150万から200万ぐらいだと思います。あとは塗る塗料の種類によって多少変わりますが、例えどんなにいい塗料でも劣化はしますから、私は普通の塗料でもいいのでメンテナンスのスケジュールを組んで定期的に塗り替えてもらうのがいいと思います。外壁はひび割れが入るとそこから雨水が入り雨漏りの原因になります。外壁もそうですが、外壁と窓の間などもひび割れが大きくなりやすい場所ですから注意が必要です。

その業者さん、今日契約してくれるんなら300万円を100万円にするって言われたんです。

ええっ…

契約してませんよね?

もちろん大丈夫です。でも今度は100万円って安すぎませんか? 外壁の塗り替えってどうするのが一番いいんでようか?

外壁の塗り替えで価格を落とす一番簡単な方法は、塗料を薄めて塗ることと、工程を少なくすることですが、決められた塗膜の厚みを持たせないとすぐ駄目になってしまいます。そのためには塗料を計算した必要量をちゃんと複数回に塗ることが大事です。

塗料は1リットルで何平米塗れるかという表示が必ずあります。それが性能を発揮するために必要な塗料の量です。外壁の平米数で何リットルの塗料が必要か簡単に出てきます。何平米だから塗料缶が何缶かわかるのです。コストを下げるのなら塗料を薄めて塗るしかありません(薄めた方が塗料の粘度も落ちるので塗りやすくなるので早く塗ることも出来ます)材料費も手間賃も安くできるのです。

塗装屋さんに必要な塗料の缶数を聞いて、口をモゴモゴ、歯切れの悪い回答をするようなら、あまり信用しないほうがいいと思います。冬場などは塗料も寒くて硬いので薄めて塗ることはあります。でも缶数を減らすことはありません(逆に回数が

また、ひび割れなどもただひび割れた部分を上からコーキングするんじゃなくて、モルタル壁の場合はサンダーでV字型にカットしてコーキングしないといけません。これは塗装屋さんの仕事ではなくてどちらかというと大工さんの仕事になります。つまり外壁の塗り替えも塗装屋さんだけでなく、足場屋さん、大工さん、電気屋さん(照明器具やエアコンの配管などの取り外し)や場合によっては水道屋さんなども必要になりますので、塗装屋さんでもちゃんと他業種の方と連携してできるかが聞いた方がいいと思います。

コーキングはひび割れの補修を簡単にできる便利なものですが、塗装する部分に使うコーキングは普通のコーキングとは違う少しお値段の高いものになります。またコーキングの基本は溝を埋めること、表面になすりつけてもすぐに隙間が空いてきます。しっかりとコーキングがつくようにモルタル壁の場合はモルタルをV字型カットして、サイディングの場合は継ぎ目の古いコーキングを全て剥がしてから新しいものを打つようにしないといけません。

うちは川上さんに頼むので心配してませんが、その時ついでに何か合わせてできることとかありますか?

せっかく足場を組みますから2階のトイ掃除や屋根の瓦の点検は合わせてしますよ。今雨漏りなどしてないのなら緊急性はないですからまた寄らせてもらった時に確認しますが、まだ3〜4年ぐらいは大丈夫な気がします。

よかった!安心しました。ではこれから外壁の塗る替え貯金を始めます(笑

OTHER SNAPS