LOG IN

洗面台の脚自作

by 川上 幸生

我が家の洗面所、ボウルを壁付けにしています。

シンプルで気に入っているんですが、娘はそのままでは届かないのでIKEAで買った踏み台を使ってますが、登り降りの時にボウルの縁を持って登り降りします。

無論娘が手をかけて登り降りするぐらいの体重ぐらいでは壁につけた金具の強度は大丈夫なんですが、ぶら下がって遊んだりしそうなので念のため小さい時だけと思いボウルの支えの脚を自作しました。

形を決めて、ホームセンターへ買い出し。2×4材で38mm角を脚に、脚のつなぎは一手小さいもの、奥に取り付けの棚板は奥行きが15cmのものを購入。塗料と塗料を塗るための刷毛まで揃えて3400円でした。

オイルステインの白で塗装して、ボウル側にはズレ防止にフェルトを貼りました。目的がボウルに荷重をかけても下がらないように念のためにするということで、脚は短めに切ってアジャスターを足の裏に取り付けて突っ張り棒の要領で突っ張っています。

両側の脚を繋ぐのは奥につけた棚板と、タオル掛けにするために付けた横桟で固定。タオルかけ大人には少し低いですが娘にはちょうどいい高さになったみたいです。

OTHER SNAPS