LOG IN

大工育成事業

by 川上 幸生

家を建てるにも、古民家をリフォームするにも現場で一番大切なのは大工さんの腕…

そんな大工さんが今高齢化が進んでいて、若い大工さんが少なくなってきている。

原因は簡単。3K、キツイ、汚い、危険な現場の割には経験を積んでも収入が増えない。

難しいやりがいのある仕事(古民家のリフォーム)などが少なくやりがいも薄れてきている。

それをなんとかしたいと取り組んでいるのが平成の大工棟梁検定。

今年が3年目になります。

全国にあるポリテクカレッジさんに協力をいただき、若い大工さんに技術の習得の面白さを知ってもらい、技術を磨けば収入も上がる仕組みを全国の大工棟梁のみなさんと作っていくことを目的にしています。

木曜日、東京に大工棟梁の皆さんに集まっていただいて、大工棟梁検定の座学の講習内容の講習をさせていただきました。大工棟梁を前に、釈迦に説法ではありますが、古民家の構造や木組などについて若い大工さんに教えて欲しいことをお話しさせていただきました。

大工棟梁から教えていただくことも多いので、勉強にもなりました。

折しも台風20号が四国上陸する日で、朝東京にいけたものの帰りの飛行機は欠航…

東京で急遽一泊して、次の日に帰ってきました(笑

OTHER SNAPS