LOG IN

伝統構法と在来工法の違い

by 川上 幸生

伝統構法と在来工法の違いについて。

伝統構法は締め固めた地面に石を置き、その上に柱を建てる。
壁は柱と柱を通し貫で繋ぎ、竹小舞(たけこまい)に土壁を塗ります。地震等の外力が加わった場合、土壁が壊れることで外力を吸収し、木組だけで固められた構造体はしなり、土の上にのせた瓦が落下することで建物の復元力を助け、強い外力が加わり、柱が石からはずれたとしても構造体は壊れないのです。

一方で在来構法は地面と一体となった基礎に構造体が緊結されており、地震等の外力がそのまま構造体に伝わります。柱や梁は伝統構法ほど太い材を使っておらず、外力は耐力壁が負担し、建物の変形をできるだけ避ける構造です。木の特性は外力を受けても、しなり、曲がり、力を逃がす。そんな「柔」な使い方をする伝統構法の方が自然な使い方である。

現在、建築基準法の考え方は耐震が基本で、建築基準法に規定がない伝統構法の住宅を造るのは困難であるが、非木造の高層建築などは免震構造で建てられている。それを考えればいずれ木造住宅も免震的構造が当たり前の考え方になっていくであろう。

なぜなら伝統構法は壁量に頼らず、構造架構、すなわち木組みそのもので家を建てることで、壁に力を求めず単なる間仕切りと考え、大きな木を柱と梁として力強く組み合わせることによって耐力を生み出す考え方である。在来構法は金物で接合部の木を引き寄せるが、加工自体は単純で金物の力に頼ったものであるのに対し、伝統構法は堅木を利用し木を引き寄せる精密な加工を行うため、木に対する熟練の技術が必要となる。

よろしければこちらもお読みください(電車書籍です)


川上 幸生
OTHER SNAPS