LOG IN

手描きパース

by 川上 幸生

家を設計する際によくパースを描きます。図面だとお客様には伝わるようで伝わらないことも多いので、そういう時にはパースを見てもらうことでイメージが伝わりやすいから。

今まで描いたパースはこちらでご覧頂けます

今度の家の外観完成イメージはこれ

プロバンス住宅が多いのですが、今回はあえてシンプルなものにこだわって見ました。

施工事例はこちらでご覧頂けます

手書きを始めたきっかけは、お客様の家でハウスメーカーの3Dのパースを見た時、それまで市販のソフトを使って3Dで描いていたが、あまりのクオリティーの違いに愕然とし、ハウスメーカーと同じだけのお金をかけることはできないから、真逆で行こうと手書きを独学で始めました。

今では手書きパースを職業技能訓練校や専門学校で教えることも増えましたが、今振り返っても手書きを始めて良かったと思う。確かにパソコンのパースはリアルで綺麗かもしれないが、手書きには描き手の想いが乗る気がする。

そして、それはお客様にも伝わるものだと思う。

私が描いた手書きパースが完成したお客様の家に飾られていたりするとやっぱり嬉しい。



川上 幸生
OTHER SNAPS