LOG IN

もちはもち屋

by 川上 幸生

設計士、建築家、建築士、家を設計する人はさまざまな呼ばれ方がします。
家を建てるために設計する人は建築士といいます。

私はちなみに二級建築士の資格を持っており、建築士は国家資格です。
建築士には一級建築士、二級建築士と木造建築士があり、さらにより専門的な分野として構造設計一級建築士と設備設計一級建築士があります。

それぞれで設計できる建物種類や大きさが法律で定められており、二級建築の場合は木造住宅では1000平米(約300坪)の3階建てまで、鉄筋コンクリート造なら300平米以下の高さ13mまでの建物の設計ができます。

(社)北海道建築士会HPより
(社)北海道建築士会HPより

逆に一級建築士はそれ以上の建物が設計できます。住宅に限れば300坪以上の大豪邸はあんまりないと思いますから、わかりやすく言えば、木造住宅を設計するのが二級建築士と木造建築士の仕事、ビルを建てるのが一級建築士の仕事です。

でもどうせ建てるなら一級建築士にお願いした方が安心?

それは建築士さんの今までの仕事で判断すべきです。一級建築士だからと言って全てを知っているわけではなく、鉄筋コンクリートや鉄骨には詳しい方は逆に木造は全然知らないという場合も結構多いのです。

ちなみに木造建築士とは大工さんなどが家を建てる時に申請する業務が行えるように作られた枠組みです。木構造には無論抜群に強いですが、逆に構造計算や法規などは苦手な方も多いようです。

では住宅なら二級建築士がベスト?
かといえばやはりこれもさまざま、建築士資格は国家資格なので一度取ると死ぬまで建築士です。しかし実務をしていなければさすがに経験不足です。車の免許を取ったからと言ってレースに出れないのと同じです。

先ほどの表を見ていただくと、誰でもできるという部分があります。木造住宅で2階建てで100平米以下(30坪)以下の住宅は実は建築士の資格がなくても設計できるのです。

資格がなくてもいいの?

たかが資格、されど資格、資格を取るためには相当な勉強が必要な国家資格です。また二級建築士でも建築の大学などを卒業していない場合にはそれ相応の実務経験を積まないと受験資格が得られません。

もちはもち屋、専門知識を持ち、経験のある人に頼む方が安心ですよ。

ちなみに設計士という概念は、自分の頭にあるデザイン、構想を第3者がそれを使って具体化できるため図面などを使って表現できる人でしょうか。建築物以外に土木で道路や橋を設計する人や、車や工業製品などの設計やデザインをする人など大きな範囲の意味になります。

建築家とは、デザインや構造などが他社より抜きん出ていて有名な人などがよく名乗る俗称です。建築士資格を持たれている方も多いですが、資格を持っていなくても名乗れますので、中にはそういう方もいらっしゃいます。

国家資格ですから、受験要件(実務経験)などを満たせば誰でも受験できますし、勉強を頑張れば合格できます(と言っても結構難しいので皆さん何年間かかけて苦労して取られている方も多いです)

大切な家を建てたりリフォームするなら資格のない人の声を鵜呑みにせずに、ちゃんと資格のある人に相談するようにしてくださいね。

ちなみには私は木造専門(特に古民家専門)なので、鉄骨や鉄筋コンクリートは一切やリません。規模の大きな建築士が何人もいる事務所であれば色々な構造を手がけられているでしょうが、小規模な事務所なら、専門としているもの以外は頼まない方が私はいいと思います。



川上 幸生
OTHER SNAPS