LOG IN

大阪くらしの今昔館

by 川上 幸生

大阪市立住まい情報センター8〜10階にある「大阪くらしの今昔館」は、大阪の都市居住に関する歴史と文化をテーマとする日本で最初に開館した、住まい専門の博物館です。

館内に入るとまずは一番上の10階へ上がります。 10階から町並みを見下ろしながら桂米朝の説明のアナウンスを聞きます。

江戸時代、江戸には板葺き屋根の長屋が多かったが、大阪は庶民の家にも瓦屋根が多かった。

ミュージアムの目玉の9階は江戸時代の天保期(1830年代)の大坂の町家と町並みを専門家による学術的考証のもとに、伝統的工法を用いて実物大で復元し、家具・調度を置いて当時の暮らしを再現している。


木戸門を入ると、大通りの両側には商家が並び、路地の奥には裏長屋がある。町の中を自由に散策しながら展示史料は自由に手にとって触れることができる。また、音と光によって朝・昼・晩の時間の変化を演出し、屋外のように1日の変化を体験できるように工夫されている。

8階には精巧な模型や映像や明治から戦後にかけての実物資料が展示され、大型映像と駆動式の模型を組み合わせた人形劇「住まいの劇場」では八千草薫が主人公の声を担当している。

入場料は600円(特別展示を合わせて800円)模型を見るだけでも楽しいですよ。お近くの方は一度遊びに行ってみてください。

〒530-0041 大阪市北区天神橋6丁目4-20
住まい情報センタービル8階大阪市立住まいのミュージアム TEL 06-6242-1170







川上 幸生
OTHER SNAPS