LOG IN

E I C A

by 川上 幸生

EICAとは、Ehime Interior Coordinator Associationの略称であり、愛媛インテリアコーディネーター協会のことである。現在そこで会長を三期させていただいています。

愛媛インテリアコーディネーター協会HP

インテリアコーディネーターという仕事は、お客様の夢を形にするプロデューサーであり、

「毎日を心地よく暮らしたい」という誰でもがお持ちの気持ちを形にしていく仕事です。心地よさの感覚は人それぞれですが、好みの色や素材を使い、自分の趣味やライフスタイルに合った空間でないと気持ちよく過ごせません。

インテリアコーディネーターは「どんな風に暮らしたいか」をヒアリングし、「こんな雰囲気の空間に住みたい」というアバウトな要望を具体的に住まい手のライフスタイルに合った住空間に導きます。

インテリアや住宅や商品に関する幅広い知識・専門的な技術などを駆使し、家具やカーテン、照明等の商品をトータルにプロデュースすることが役割です。

私自身資格を取ったの、20年近く前でしょうか。建築士ですので家づくりの提案の中で、インテリアの提案はしていますので、どこまでが建築士でどこからがインテリアコーディネーターの役割かは線引きができませんし、意識も特にはしていないのですが、今から4年ほど前、休会中だった愛媛インテリアコーディネーター協会を再稼動させるための集まりを案内いただき、なんとなく参加したところ会長職を拝命いただいて現在に至ります。

3年前に再スタートした当時は会員は5名しかいらっしゃらなかったので、まずは会員を増やそうと、毎月1回はイベントを行う、ホームページ、Facebookで情報発信をするということからスタートし、おかげさまで現在23名まで会員さんも増え、今年は愛媛県の協力をいただき内子の商店街活性化という事業を行えるまでになりました。

内子商店街活性化のためのワークショップHPはこちら…

これもひとえに会員の皆様のおかげと感謝しています。

報酬を頂く事業ではない割に、時間とお金(お金は少し)かかり大変ですが、その分いろいろな新しい出会いをいただけて将来への投資にはなると思っています。

協会活動のおかげで読んでいただきた大分県インテリアコーディネーター協会での古民家についてのセミナー

メーカーさんからの依頼で仕事についてインタービューを受けて掲載などもしていただいています。

本当にありがたいことです。活動の場をいただけるということ自体恵まれていると感じています。

何かのきっかけで動き出すことはたくさんあると思います

ある人に、チャンスの神様に後ろ髪はない、チャンスに気がついたらすぐにつかまないと、チャンスは通り過ぎてしまうと教えていただきました。

今がチャンスなのかはわかりません、時間が経って見てあの時がチャンスだったんだと気がつくものなのでしょう。

また、最近「恩送り」という言葉を知りました。

「恩返し」とはよく聞きますが、受けた恩を返すことはできない、恩を受けたのならその恩を別の違う人に「恩送り」するという意味だそうです。

今まで私も多くの恩をいただいています。来年で50歳になりますから、これからは「恩送り」を意識していきたいと思っています。

だから常に精一杯何事にも取り組みたいと思います。


川上 幸生
OTHER SNAPS