LOG IN

sustainable

by 川上 幸生

平成28年度のサステナブル先導事業(気候風土適応型)の募集要項が8月2日に発表されました。

「サステナブル」とは、地球環境を保全しつつ持続可能であるさま。

つまり長持ちする循環できる素材を用いた住まいのコト

これは、地域の気候風土に応じた木造住宅の建築技術・工夫による低炭素化に係る先導的な技術の普及啓発に寄与するリーディングプロジェクトを広く民間等から提案を募り、支援を行う事により総合的な観点からサステナブルな社会の形成を図ることを目的に具体的にどのような住まいが地域の気候風土にあっているものかを評価する制度です。

つまり、古民家と同じような考え方をした新築を推し進めていくという事業です。

写真 建築写真家 田岡信樹氏

この事業では、地域の気候風土に応じた木造住宅の建築技術を応用しつつも、省エネルギー化の工夫や現行基準での評価が難しい環境負荷低減対策等を図ることにより、長期優良住宅又は認定低炭素住宅と同程度に良質なモデル的木造住宅を実現する事業計画(プロジェクト)の提案を公募し、そのうち上記の目的に適う優れた事業提案に対し、予算の範囲内において、国が当該事業の実施に要する費用の一部を補助してくれます。

8月2日に発表された補助内容によると、採択住宅の建設費用の「掛かり増し費用相当額」、つまり通常の工事と地域気候風土適応型にした場合の差額の半額のうちの国土交通省が認める費用が補助されます。上限は工事費の10%か100万円です。

募集期間は第1回が9月15日まで、第2回が11月15日まで、第3回が来年1月29日を予定しているそうです。

応募用紙の中を見てみると…

地域の気候風土への適応の申告書

環境負荷低減対策の申告書

見れば見るほど古民家では当たり前の事なのにという項目が並びます。日本の気候風土にあった古民家の先人たちの工夫がやっと評価されかけているのではないでしょうか。

新築のみの対応なのですか?古民家の再生などでは本制度は利用できませんか?

サステナブル先導事業(気候風土適応型)評価・実施支援室さん

現地で解体をともなわない改修工事は残念ながら対象外です。移築などであれば利用可能です。

移築なら新築扱いにできますもんね。

再築はNGですが、古民家移築はOKだそうです。

電話によるご質問・ご相談を受け付けていただけます。

サステナブル先導事業(気候風土適応型)評価・実施支援室HP 
一般社団法人 木を活かす建築推進協議会内
〒107-0052 東京都港区赤坂2-2-19 アドレスビル5F
電話:03-3588-1808(月~金 09:30~12:00、13:00~17:00(祝日・年末年始を除く))

サステナブル先導事業(気候風土適応型)評価・実施支援室HP

サステナブル先導事業については国土交通省のHPをごらんください。

国土交通省HP

LINE it!


川上 幸生
OTHER SNAPS