LOG IN

Slowhand

by 川上 幸生

エリック・クラプトンをご存知ですか…

イギリスのミュージシャンで天才ギタリスト、Layla(レイラ)やボブ・マーリーのカバー曲I Shot The Sheriff(アイ・ショット・ザ・シェリフ)世界中で大ヒットしました。

天才ギタリストで名声を欲しいままにした彼ですが、

1970年代は薬物依存症に苦しみ、

1980年代にはアルコール依存症や、交通事故、胃潰瘍を経験。

妻を裏切り、不倫の果てに1985年の1月に娘をもうけ、

また別の女性との間に息子までもうけ最終的に離婚。

1991年には最愛の4歳の息子がニューヨークの高層マンション53階の窓から転落死するなど彼の人生は波乱万丈です。人生に苦しみや悲しみが多いからなのでしょうか、彼の音楽はセンチメンタルで切ないものが多い気がします。

LaylaやI Shot The Sheriffもいい曲ですが、私が大好きなのは、Wonderful Tonightです。

この歌はラブバラードなのですがどこか切なくも感じるメロディーでこの曲に出会ったのは20代後半。

今でもこの歌を聴くと当時の様々な情景が浮かんできます。

タイトルに付けた、Slowhand(スローハンド)は、エリック・クラプトンが1977年に発表し、ビルボード誌のアルバム・チャートで2位を記録したアルバムタイトルであり、彼自身のニックネームにもなっています。

LINE it!


川上 幸生
OTHER SNAPS