LOG IN

キッチンセミナー

6月8日LIXILさんのショールームで三井ホーム(三井のリフォーム)さんがOB様向けのイベントを開催されますが、その中でセミナーをさせていただくことになりました。一般の方も若干名席が空いていれば参加可能のようですのでお時間ある方はお越しください。 11時と14時の2回です。

フローからストックへ

住宅のフローからストックへのシフトについて。 2011年におこなわれた早稲田大学の小松幸夫教授の調査によると、在来工法の木造住宅の平均寿命は 1982年調査時37.69年、1990年40.63年、2005年の54.00年と最近建てられる住宅の方が経済情勢の変化や 質の向上により寿命は伸びてきている。 また木造住宅だから短命で、RC造だから長く持つということではなく建物寿命には建物

145期松山講習

昨日今日の二日間145回目の松山講習を開催しています。京都からお二人お越しいただいてます。 精一杯色々なことお伝えしていきます。 古民家再生現場、襖を入れるだけになりました。玄関の写真です。 なかなかいい感じでしょ!

ビジネスマナー

昨日は新居浜のあかがねミュージアムで開催されてインテリア産業協会主催のビジネスマナーセミナーに参加してきました。 松山組は松山ICで待ち合わせ、11時からの四国4県のインテリアコーディネーター協会の役員さんが集まっての四国会に参加。 今年度の事業内容を確認。 昼食を挟んで午後からは香川から来られた株式会社エスの酒井 もえ先生に教えて頂きお客様

付喪神

付喪神 なんて読むかご存知ですか? つくもがみと読みます。九十九神とも書かれたりします。 付喪神とは長い年月を経た道具などに精霊などが宿ったもの。人をたぶらかすとされ「伊勢物語」の中にも百年生きた狐狸などが変化したものでもあると書かれています。 「付喪神」という表記は、室町時代の御伽草子系の絵巻物「付喪神絵巻」に見られます。それによると