LOG IN

古民家の庭

今日は庭の構成物について 古民家の楽しみ方に庭を眺めるというものがある。 各家趣向を凝らし、日本の四季や山河を箱庭と同じように凝縮して表現して いる。庭の構成物の一部を紹介します。 ●竹垣 竹垣も庭の景観に重要な役割を果たすもので、竹垣には、背景が見せる四つ目垣や光悦寺垣(こうえつじがき)と、目隠しに使う建仁寺垣(けんにんじがき)、沼津垣

ウッドデッキ塗り替え

ウッドデッキの塗装をしました。 このウッドデッキ、素人大工で作りましたが、汗をかいて作った分愛着があります。

シダの化石

我が家の外構工事は入居後半年ぐらいしてから取り掛かりました。 道路に面して両側は既に駐車場としてコンクリートを打っており、真ん中の4m×3mぐらいのスペースをアプローチ兼庭とする計画でした。 最初は黒い上海レンガをアプローチに敷こうかと考えましたが、家が白っぽいので、白い石を敷くことにしました。選んだのはアドバンというメーカーのマルチク

つくばにて木造空き家簡易鑑定士講師

5月25日は茨城県つくばにて下妻市シルバー人材センターさん主催の木造空き家簡易鑑定士の講習試験、実技講習会にお邪魔させていただき、講師をさせていただきました。 新しく24名の資格者が産声をあげました。シルバー人材センターさんの木造空き家簡易鑑定士は昨年2月の松山での講習からスタートし、全国でもう1000名を超えています。

岡山にて木造空き家簡易鑑定士講師

5月23日、岡山県児島にてシルバー人材センター木造空き家簡易鑑定士の実技講習会が開かれ、講師としてお話しさせていただきました。シルバーさんどこの県でもそうですが、熱心で真面目な方が多いですね。